必ずお読みください

当ブログには18歳未満の方の閲覧に適さない表現が含まれています。
<18歳未満の方は速やかにご退場ください>

新着更新情報

妊娠を意識した事でスイッチが入ったのか、女は中出しをせがむようになりました

970:名無しさん@エッチな体験談 2018/02/22(木) 12:00:00
25歳のその女とはいわゆる出会い系アプリで出会いました。

最初は人妻であることを隠してて、私は全く気付きませんでした。

今思えば間抜けなことです。

あって即ホテルに誘い、そのまま生でハメました。

なかなか相性が良く、お互い次も会おう、となり定期的に会う仲になりました。

何度か「交際」を繰り返すうちに、性的趣向をカミングアウトする流れになりました。

私は、自分の子どもを妊娠させて他人の子として産ませたいと素直に言ってみたわけです。

妊娠を意識した事でスイッチが入ったのか、女は中出しをせがむようになりました。

性交無しのデートも何度か繰り返すうちに情が湧いたのは否定できません。

もしもあの女が独身だったなら、と正直今でも思います。

そんな中で、だんだん時間が合わなくなってきたわけです。

今までは上手いことやりくりしてたスケジュールが上手くいかなくなった、ってことでしょう。

改めて身の上を聞けば、実は人妻だったとあの女は言ったわけです。

情があった分、裏切られたという逆恨みそのものの怒りも大きかったです。

ならばなおさら、妊娠させてやろうと思いました。

人妻であると告げられてからはむしろ興奮度は高まってました。

あの女も、「あなたの子どもをください。迷惑はかけません。産まれたら二度と連絡しません」なんて台詞を勝手に吐くほどでした。

途中まではそれなりに不倫を楽しんでいたと思います。

とはいえ、会って即日生ハメを許すような女です。

都合がいい分、案の定めんどくさいことになりかけてしまいました。

旦那と離婚して産むと言いだしたわけです。

あなたの子どもは欲しいけど旦那の子どもとしては産めない。

独身だったなら、と思った女が独身になり私の子どもを産みたい

少し前なら、むしろ喜んで受け入れたと思います。

まあそこで色々考えて、めんどくさい+離婚までさせる気はない+自分の子どもとして産ませても意味ないの三点セットで、離婚するなら会わない、離婚しなくても会わない、とお別れを告げたわけです。

立ち回りの下手さに我ながら馬鹿だと自覚します

1番興奮したのを書いて終わりにします

あの女の仕事帰り駅前のファーストフードで待ち合わせしました。

当時大学生だった自分は時間に余裕がありました。

待ってる間暇なので女にメールを送りました。

「駅のトイレで下着脱いでから待ち合わせ場所に来い、軽食を食べたら即ホテルに行って扉が閉まった瞬間ハメる」と命令と予告をして実行しました。

手をつないでのんびり歩きながら、人ごみの中で愛撫代わりに言葉で濡らしていくのは興奮しました。

人妻だと知ってたらそんな危ない真似したくなかったですけどね

ベタですが、性交の準備を日常生活の中でさせるというのは興奮するシチュエーションでした