必ずお読みください

当ブログには18歳未満の方の閲覧に適さない表現が含まれています。
<18歳未満の方は速やかにご退場ください>

新着更新情報

アソコはビックリするぐらいにグッショリ濡れていた、なんてスケベな女だ

923:名無しさん@エッチな体験談 2018/02/06(火) 20:00:00
この前兄貴の家に飲みに行った。

兄貴夫婦は子供はまだいない、兄貴31歳嫁さん29歳の夫婦。

しこたま飲んで眠くなり俺はそのまま泊まった。

兄貴のベットに寝ているとなにやらモゾモゾとオレの身体を触る感じが。

どうやら兄貴の嫁さんがオレと兄貴を間違えているようだ。

「ねえ・・・〇〇・・・おきてぇ・・・ねえ・・・・・」

兄貴は仲間に急に呼びだされて家には居ないはずだ。

「ねえ・・・いいでしょぉ・・ねえ・・・したいぃ・・・・」

兄貴の嫁さんの美香はオレの身体にグイグイと摺り寄せる。

オレの後ろにグイグイと。

美香はオレのチ○ポをパンツの上からさする。

やがてパンツの中に手を入れてしごく。

「ねぇ・・・無視しないでぇ・・ねぇ・・・おきてるんでしょうっ・・・」

完全に兄貴と間違えてるなと思いそのまま知らんぷりしていた。

美香はオレのチ○ポをしごきながら。

「はぁ・・はぁ・・ねぇ・・あたしのもさわってぇ・・・ねぇ・・はやくぅ・・・」

オレは言われたとおりにアソコを触る。

美香のアソコはビックリするぐらいにグッショリ濡れていた、なんてスケベな女だ。

クリト○スをグイグイ触ると美香は。

「ああんっ・・あーん・・そうっ・・そこっ・・いい・・・もっとさわってっ・・」

グリグリとアソコを後ろ向きのまま触り続けると美香は。

「ねぇ・・こっちむいてぇ・・ねぇ・・チュウしてぇ・・ねぇ・・」

オレは前を向いた。

美香の顔が引きつり固まった。

「えっ!・・・・えっ!・・いやっ!・・ごめん!〇〇と思ったから・・・ごめん・・いやぁん・・まちがえた・・」

オレは美香の顔を引き寄せブチューッとキスをした。

美香は最初戸惑っていたがすぐに手をぶらんとさせてキスをされていた。

唇を離すと美香はバツが悪そうに恥ずかしそうにしていたが、オレが兄貴は出かけていて居ないよと言うと安心したような表情になり下を向いていた。

オレは身体を引き寄せまたキスをした。

俺が舌を入れると美香も舌を入れてお互い舌を絡めた。

ハァハァハァハァと激しく舌を絡めよだれも垂れそうなくらいだった。

お互いの性器をまさぐりあい、オレが入れていいと聞くと美香は黙っていたが足は開いていた。 

チ○ポを入れようとすると美香は。

「ねえ・・ゴムつけてぇ・・」

ゴムはベットの脇の引き出しにあった。

俺はゴムをつけるとグイっと挿入。

「はぁっ・・あっあっ・・・」

そこそこにグイグイやってると美香は。

「ああ~ん・・ねぇ・・もっとおくまでいれてぇ・・ねぇ・・おくまでぇ・・・」

グーと奥までこれでもかと入れると。

「ああん・・そうっ・・すごいいっ・・いい・・おっきいっっ・・」

オレがもういくよと言うと。

「いいよぉ・・いってもぉ・・つよくついてねぇ・・ついてぇ・・もっとついてぇ・・・・・」

美香は身体がガクガクッとなりどうやらいったようだ。