必ずお読みください

当ブログには18歳未満の方の閲覧に適さない表現が含まれています。
<18歳未満の方は速やかにご退場ください>

新着更新情報

私の精液を一滴残らず飲ませてやりました

605:名無しさん@エッチしたい 2017/10/12(木) 12:00:00
私は35歳の既婚者。

智子は、ネットが縁で知り合った29才の人妻です。

智子にはいつも私が与えたパンティを穿かせています。

遠距離なので、そういつも智子の身体を賞味するわけにはいかないのですが、そのかわり、彼女のいる方面への出張時には、ホテルに呼び出し、夜中まで延々生ハメしてやります。

頭が良く清楚な美人ですが、旦那とはセックスレスで飢えているのか、私の前では淫らなメス犬になり、おま○こは私に会いに来る道中から汁を溢れさせ、会ってすぐにパンティをチェックすると、いつも濡らしています。

子供を産んでいないためスタイルが良く白いもち肌で豊かな髪も艶やかです。

おま○この締まり具合も非常に強く本人は無意識に締め付けるようです。

ぬるぬるのおま○こに生棒を奥深く突っ込んだまま、指をしゃぶらせ、乳首をきつくつまみあげてやると、髪を振り乱してクリト○スを押し付け、ぐいぐいと自分から尻を前後にゆすります。

この前の出張では、旦那に友人と旅行と偽らせて一晩泊まらせ、上から下から、後ろから、その美しい足を大きく割って何度も何度も突き立ててやりました。

智子は途中、私の生棒が深くゆっくりと出入りを繰り返すたびに喘ぎ、我慢ならないのか、ふくらはぎをひきつらせ、シーツをかき乱し、何度も絶頂に達しました。

翌朝は目覚めとともに、自ら私の股間に顔を沈め、ペロペロと亀頭や袋を舐めたり喉奥まで頬張り、懸命に奉仕します。

豊かな黒髪を押さえつけて、私の精液を一滴残らず飲ませてやりました。

そして、一晩中、智子の白い身体を舐め回し、十分にその濡れおま○こを賞味した後は、再び私が与えたパンティを穿かせて、何も知らぬ人のいい旦那の元に帰すのです。

ゴムを使っていないので、いつかは私の子を生ませることになるかもしれません。

私の出張のたびにおま○こに生棒をハメられ唾液や精液を飲まされ、日常生活でも炊事や洗濯をしながら、実はスカートの下に他の男に与えられたパンティを穿かされ旦那を裏切らされている美人妻の智子。

私はまた来週、出張します。