必ずお読みください

当ブログには18歳未満の方の閲覧に適さない表現が含まれています。
<18歳未満の方は速やかにご退場ください>

新着更新情報

彼の白い液体が私の顔にむけて飛んできました

447:名無しさん@エッチしたい 2017/08/20(日) 20:00:00
某スーパーでパートをしている37歳の主婦です。

先日の話なのですが、ある食品製造会社の営業の○○さんと、危うい関係になりました。

以前から、○○さんはお店に来る度に、「由紀子さん、綺麗だね。今度、食事でもしようよ」とか「家は、どこなの送ってあげるよ」などといつも誘われていました。

そして、あの日がやって来たのです。

その日は雨風が強く、最悪の天気で傘も吹き飛ばされそうなほどひどい天候でした。

その日も、いつものようにパートが終わり、帰宅するためにバス停へ向かっていると、プープーとクラクションが鳴ったので振り向くと、○○さんが車の窓を開け「こんな天気だからもし良かったら送っていくよ」と言うのです。

私はどうせ送ってもらうだけだからいいかと思って、「すみません。お言葉に甘えさせてもらいます」といい、○○さんの車に乗り込みました。今、思えばこれが事の始まりだったのです。

「家は、どこ?」

「○○方面でお願いします」

「うん、わかったよ」と彼は車を走らせた。

「あれ、このまま真っ直ぐ行った方が早いですよ」

「一寸、こっち方面に一軒だけ用事があるんだ」

車は、小路に入っていきました。

なんか、嫌な予感がして、「こんな所、通り抜けられるのですか」と私が尋ねると、「近道、近道」と言いどんどん奥の方へ入って行き、ついに行き止まりまで来てしまいました。

「あれー。ここじゃなかったかな」と惚けた事をいい、突然、私にキスしてきたのです。

「何するの!止めてよね」

私は彼の頬に平手打ちをし、私が車から降りようとすると、私の腕をつかみ「1度だけいいでしょ」といい抱き着いてきました。

私は彼を突き飛ばし、「絶対やだ。あんたの会社に報告してやるから」と言って車から降りて雨の中歩き出すと、彼は慌てたように降りてきて、私の正面にまわり、泣きそうな顔で、「すみません。許してください。魔がさしてしまったのです」

何度も何度も彼が謝るので私は少し彼に同情し「車に戻ろう」と彼の手を取り車内へ戻りました。

「すみません。今日のことは忘れてください」

「どうして、こんなことしたの?」

「実は、女房と上手くいってないし、由紀子さんみてると、ついムラムラとしちゃって…」

「誰でも良かったんでしょ…」

「そんなことない。実は最初見たときから好きだったんです」

「ほんとに?私こんなおばさんよ」

久しぶりに好きだなんて言われたまんざらでもありませんでした。

「由紀子さんはすごく素敵です。おばさんなんかじゃありません。非常に魅力的です。嘘じゃないです」

「有難う。でも、あなたも私も家庭をもっているのよ」

「それはわかっいるんですが、どうしてもこの気持ちを抑えることができないんです。それにもう、女房とは終わっているんです…」と彼は話し始めました。

私も結婚して10年経っており、夫婦生活は倦怠気を迎えてましたので彼の言っていることが良くわかります。

「最初から、そう言えばいいじゃない」

「すみません」

「でも、こんなやり方したら嫌がるに決まってるでしょ。けど、あなたの気持ちは分かったわ」

「…キスぐらいわね」

「いいんですか…こんなことしてしまったのに…」

「いいのよ…今回だけは無かったことにしてあげる」

私は、彼の首に腕を絡ませ彼の唇へ私の唇を重ねました。

彼は舌を絡ませてきましたので私も舌を絡めました。

この人キスが上手…

接吻をしながら彼の手は、私の濡れたブラウスの上から胸を優しく揉み始めました。

「うーん、うーん」

私のブラウスのボタンを一つずつ取り外し、ブラを持ち上げしゃぶりついてきました。

「あん」

彼は、私の乳首を強弱をつけ舌を這わせます。

「あん、あん、いいわーそこ。感じる…」

しばらく私の胸をもて弄び彼の手は私の下半身の大事なところへ伸びてきました。

「由紀子さん濡れている」

「あん、あん」

私も主人とはここ数ヶ月間セックスしていなかったので、私の秘所はもう溢れんばかりに湿っていたのです。

彼は私のストッキングとパンティを足首まで一気にずりさげ、「綺麗だ」と私にキスしお豆を刺激してきました。

「あ~ん、いいー、気持ちいい」

「凄い、ぐちょぐちょだ」

「ぴちゃぴちゃ音がしますよ!」

「あん、あんあん、凄い」

「もう我慢できない…」

彼は私の手をとり「僕のもやって」と彼の分身へ導きました。

私は彼のズボンのファスナーをおろし、パンツの上から彼の分身を摩りました。

「はあ、はあ、はあー」

彼の息は荒くなっています。

「直接触って」

彼のベルトを外しズボンのボタンを取り、パンツを少しずり下げました。

「硬いわ」

何十年も旦那だけしか見ていない私は、久しぶりにこんなに硬くなったものに少し衝撃を受けたところもありました。

彼の分身をしゃぶり始め、「すごいよ、気持ちいい。そんなに舐めてくれるなんて」

「あぁ~だめだ、出ちゃいそう」

私は口からそれを放し「ダメ!!まだイッちゃダメよ」と言った瞬間、彼の白い液体が私の顔にむけて飛んできました。

「あっ!」

出ちゃったんだ。

彼は、慌ててティシュで私の顔を拭き、「ごめん、あんまりにも上手だったから」と彼の行動があまりに滑稽で私はプッと笑い、「いいのよ、綺麗にしてあげる」と言って彼のしな垂れ掛けた分身をもう一度咥えました。

「うー、由紀子さんにこんなことしてもらってるなんて、最高だ」

出したばかりなのに彼の分身はまた固くなってきました。

私の秘所はもう濡れ濡れで早く入れて欲しくてしょうがありませんでした。

「また大きくなったね」

「うん」

「じゃー入れて」

彼は助手席へ移動し、私に覆い被さってきました。

手で私の秘所を探し、「入れるよ」

彼の分身が入ってきました。

「あ~ん、いい、凄く大きい」

「もっと、もっと、もっと激しく突いて」

彼は腰の動きを早めました。

「いい、当たる…」

「ハア、ハア、ハア」

「あん、あんあん、あーん、奥までついて…」

「もっと、もっと」

「あたる、あたってる」

「イっちゃいそ!イクーー…」

「由紀子さん、俺もイキそうだあ」

「私もイク!イッちゃいそう!」

「中に出すよ」

「ダメ、中には出さないで」

「イック…」

「俺もイクよ」

彼は、私の秘所からすばやく分身を抜きさり、勢い良く飛ばした。

彼の大量の熱い液体は、私の胸へ撃ち付けられた。

その後、彼に家の近くまで送ってもらい、「今日のことは忘れて」と一言残し別れたが、又、誘われたら果たして断れるのか自信がありません。