必ずお読みください

当ブログには18歳未満の方の閲覧に適さない表現が含まれています。
<18歳未満の方は速やかにご退場ください>

新着更新情報

生で挿入するのは最高に気持ち良かった

374:名無しさん@エッチしたい 2017/07/25(火) 12:00:00
同じ会社に勤務しているアルバイトの人妻とのこと。

由美子34歳、周りの人達から「綺麗な人だね」と好感度の二人の子供がいる人妻さん。

お互いに会社を休んで食事に行った。

午前中から待ち合わせし人込みを避ける為12時前にランチを取った。

仕事のことや家庭の事など話している間に人が混みだしたのでレストランを出て私のワゴン車に乗って人気の無い所に移動し話の続きをしていた。

話の内容も無くなりお互い無口になった瞬間、私は由美子に抱きついた。

「やめて!」と彼女が言うと私は「由美子さんが好き!」と言い額、頬にキスし思い切って唇も奪ってしまった。

彼女の口に舌を入れると腰が痙攣し始めた。

もう堪らなくなり「由美子さんが欲しい」と告白するとそのままホテルに。

お互いシャワーも浴びずディープキスし由美子の服を脱がしながら私も脱いだ。

子供が二人もいるとは思えない綺麗な体、私は由美子の硬くなった乳首を口に含み舌先で軽くそして激しく転がし、出ない母乳が出るくらいの勢いで乳首を吸った。

すると先ほどより激しく腰を痙攣させた。

「いい!気持ちいい!」と由美子は言い、下半身に唇を移した。

白い本気汁がア○ルまで垂れる位に沢山濡れていた。

私は本気でこの人妻が欲しかったので本気汁を舌で膣からかき出し沢山味わった。

次に指先は硬くなった両方の乳首を両手で転がしながら舌先を勃起したクリトリスへ。

優しく丁寧に舐め上げマ○コ汁を吸い込んだ。

由美子は腰を浮かせ「イッ、イッちゃう」と叫び、「いいよ、思いっきりイッちゃいな」と私は言った。

すると腰を高く上げイってしまった。

小刻みに腰を痙攣させ頭が真っ白の状態で余韻に浸っている。

次に私の太く固く仰け反っているペ○スに頭を自分から持ってきてフェラチオしてくれた。

「硬~い!それに家の旦那より太くてたくましい」と言いながら舌を使って尿道口、カリの部分を丹念に舐め回してくれた。

私はイキそうになったが我慢して人妻の由美子に「入れたい!」と言い、由美子はしばらく考えた後「私も」と小さな声で言い、ぐちょぐちょのオマ○コとクリト○スに亀頭を擦りつけ生で膣に挿入した。

由美子はかん高い声で「あぁ~、イ~、凄く硬くて大きい!」と声を出した。

私も「由美子のオマ○コ、最高に気持ちいい!」と言い返した。

生で挿入するのは最高に気持ち良かった。

何度かピストン運動を繰り返していると由美子は「イッ、イッちゃう」と叫び、私は「一緒にイこう、このままイッてもいい?」と聞くと「いいよ!子宮の奥にいっぱい出して!」と言い、量の多い濃いザーメンをオマ○コの奥に生で出してしまった。

その後由美子は腰を痙攣させながらマ○コ汁とザーメンの着いたペ○スを綺麗に舐め上げてくれた。

私のペ○スは勃起状態が治まらず、まだ痙攣している由美子のオマ○コに今度はバックから生で挿入した。

一度射精すると二度目は長持ちするのでガンガン奥に突いた。

すると由美子は「奥にすごく当たってる!凄く気持ちいい、オマ○コが壊れちゃう!」と腰を痙攣させながら叫び、子宮口に私の濃いザーメンを直接注ぎ入れた。

由美子は「また会いたい」と言い、私は「妊娠したらどうする?」と聞き、由美子は「○○さんの子供だったらいい」と言い、最後に69でお互いの性器を激しく舐め合い、今度は由美子の口の中へ最後に射精した。

由美子は尿道に残ったザーメンを吸い取って飲み込んでくれた。

ホテルを出て車で待ち合わせた場所まで送って行き、また愛し合う事を約束し最後に激しくキスをして別れた。

この後は月に一度のペースで生理前に会って溜まりに溜まったザーメンを子宮に注ぎ込んでいる。

やっぱり人妻。

お互い愛し合っての中出しは最高です。