必ずお読みください

当ブログには18歳未満の方の閲覧に適さない表現が含まれています。
<18歳未満の方は速やかにご退場ください>

新着更新情報

かなり興奮しているらしくついに正常位での挿入を催促してきました。

2699:名無しさん@エッチな体験談 2019/09/21(土) 20:00:00
ある土曜日の晩に上司に招待され食事を頂くことになりました。

もちろん、作ってくれたのは上司の奥さんのひとみさんです。

ひとみさんは二人の子持ちで44歳です。

細身でジーンズがすごく似合うきれいな女性です。

なぜか昔から僕はひとみさんにはかわいがってもらっていました。

電話をかけても上司と喋るよりも、ひとみさんと喋っている方がながいぐらいです。

よくひとみさんは僕に「彼女できた?」とか「どんな子がタイプ?」などと聞いてくる事がありました。

その日も食事中は楽しいおしゃべりで盛り上がり、時間も気づけば11時を過ぎていました。

上司が僕に気を遣ってくれて「今日は泊まっていけ!」といってくれました。

僕も明日特に用事があるわけでもなかったので、朝帰りすればいいと思い泊まらせてもらう事にしました。

ひとみさんが「お風呂入っておいで」といってくれたので、甘えていちばん風呂に入れてもらいました。

次に上司。

上司が風呂に入っている間にひとみさんは適当に食器の片付けを済ませ、今日はリビングでみんなで寝ようと言って布団を3枚敷いてくれました。

上司と交代でひとみさんがお風呂へ行きました。

布団の上で上司と馬鹿話をはずませました。

しばらくすると上司が「先に寝るぞ!」と言ってすぐに熟睡状態です。

上司が左端の布団。

僕が右端の布団です。

間にひとみさんがくるようです。

僕はとりあえずひとみさんがお風呂からあがってくるまでは起きておこうと思い、しばらく待っていました。

もちろんそのあとはすぐに寝ようと思っていました。

ひとみさんが出てきたので「すみませんが、僕も寝ます」と一言声をかけ僕は布団に入りました。

夜中の一時ごろふと目がさめました。

するとひとみさんご布団の中から僕のほうを見ていて目が合いました。

「まだ起きてたんですか?」と言うと、「あまり眠くない」と言うのです。

次にひとみさんが布団を少しめくって「横に来て」といいました。

なぜか僕は素直に言う事を聞きました。

すごくいいにおいがしました。

次にひとみさんが僕のほうへ体をよせてきました。

僕の右手をとり自分のおっぱいのオッパイにもっていきました。

凄く柔らかい感じです。

Cカップぐらいはあるでしょうか。

僕はゆっくりとオッパイをもみました。

ひとみさんがため息のような「は~ん」と小さな声をだしました。

僕もそれで興奮して乳首をつまんだりして、ひとみさんを喜ばしてあげようと思いました。

パジャマのボタンを三つだけはずして僕は乳首にキスをし、下でころがし、吸い付きました。

すでに乳首は大きくなり硬くなっていました。

僕は先輩が横にいるのを忘れて、ひとみさんのズボンを膝まですらしました。

すごく小さなパンティーをつけていたので簡単にずらせました。

ひとみさんに上を向いてもらい少し膝を立て足を開く様催促しました。

そしてひとみさんのクリト○スを中指の先で攻めました。

ひとみさんは掛け布団を噛んで必死に声を抑えていました。

おま○こはだんだんと濡れてきました。

指を入れてみるとスムーズに入りました。

中で指を動かすと、ひとみさんの腰が持ち上がりぐねぐねと自分で腰を動かしていました。

そろそろ僕もしてもらいたいと思ったので、ひとみさんの顔を僕のチ○ポのところに持ってき、てしゃぶってもらいました。

ひとみさんのフェラチオは今まで経験した女性の中では飛びぬけて、上手で気持ちの良いものでした。

5分ほどしてついにひとみさんがおま○こに入れてと催促してきました。

先輩にばれたらまずいので、ひとみさんを横向きにさせて僕は横からバックの体勢で入れました。

ひとみさんも僕に入れやすくさせる為に上手にお尻を突き出してくれました。

僕は音がしないように「にゅぷ~にゅぷ~」とゆっくりピストンさせます。

ひとみさんが僕の右手を取りおっぱいを揉んでくれと催促しています。

指で乳首を強くつまんであげました。

ひとみさんのお尻から僕のチ○ポに震えのようなものが伝わってきます。

ひとみさんはかなり興奮しているらしくついに正常位での挿入を催促してきました。

僕も勢いで上にのりおもいっきりひとみさんのおま○こにチ○ポをピストンさせました。

ディープキスで声をださせないようにし、さらにピストンを激しくさせました。

するとひとみさんは超絶頂のようでお尻に入れてといってきたのです。

迷わず僕の大きくなったチ○ポを突き刺しました。

3分程ピストンさせるとひとみさんが「もういきそう」と言うので、再び正常位でピストンしました。

ひとみさんはついにいったようです。

いった瞬間ひとみさんのおま○こがぎゅ~っとしまりました。

体にはかなり力がはいっているようで締まったおま○こはなかなか緩めてくれません。

僕のチ○ポからでた精液を一滴残らず搾り出します。

僕とひとみさんとの間で秘密ができた瞬間です。

またひとみさんとはやりたいです。

その後も時々ひとみさんのことを想像しながらオナニーすることがありました。