必ずお読みください

当ブログには18歳未満の方の閲覧に適さない表現が含まれています。
<18歳未満の方は速やかにご退場ください>

新着更新情報

身も心も、僕に首ったけで、性欲が旺盛な下品な女だ

213:名無しさん@エッチしたい 2017/05/05(金) 20:00:00
彼女は、38歳の人妻。

暇な時間があると、積極的に僕に電話をかけてくる。

そして、時間が許せば、僕の地方出張先にまでついてくる。

DMM.R18 熟女動画DMM.R18 VR動画

身も心も、僕に首ったけで、性欲が旺盛な下品な女だ。

お互い結婚している僕と彼女は、出会い系サイトで出会った。

寂しそうにしていた彼女に僕が手を差し伸べてやったのだ。

素敵なレストランなんかに連れて行ってやる必要もない。

彼女は、あそこを僕に舐められたくて仕方がないんだ。

僕に会えば、すぐに自分から嫌らしいシースルーのパンティーをずらして、僕の愛撫を求めてくる。

彼女のあそこのびらびらは大きく、黒ずんでいる。

きっと、これまで多くの男のものを抱きこんできたのだろう。

僕のペ○スが欲しくてたまらない時は、自分から下着を脱ぎ、そして嫌らしい目つきで脚を拡げて、クリト○スを愛撫し始める。

「あっ、あぁ・・ここに欲しいの・・」

そういって、腰をくねくねさせて、僕の顔の上にまたがってきて、あそこを強く僕の口に押し付けてくる。

僕は、卑猥な音をさせながら、彼女の愛液をじゅるじゅると心ゆくまで吸ってやる。

僕が激しく愛撫してやると、「私のこと、愛してる?」なんて、聞いてくる。

馬鹿な女だ。

僕が、体の線が崩れかけた38歳の女を本気で愛するわけもないのに。

乳首だって大きくて、誰かに強く吸われ過ぎたのか、黒ずんでいて、おせじにも美しいなんて言えやしない。

それでも、セックスが食事よりも好きそうな女だから、あそこを念入りに舐めてやっているだけだ。

まあ、飽きるまで舐めてやろう、そして、白く濃厚な僕の精液であそこに満たしてやろうと思っている。

馬鹿で愚かな女は、執拗な愛撫を愛情だと勘違いする。

そして、ますます僕に固執してくる。

「お願い、ずっと、私だけにいれて・・」なんて、せがんでくる。

そんな事する訳ないじゃないか。

でも、飽きて捨てるまで、僕の性的玩具にしてやるよ。

あそこがもっと、愛液で醜くなって崩れるまで、使い込んでやるよ。

誰が見ても表情から、「いつもあそこを濡らしている淫らな女」だということが判ってしまうくらいに、仕込んで可愛がってやる。