必ずお読みください

当ブログには18歳未満の方の閲覧に適さない表現が含まれています。
<18歳未満の方は速やかにご退場ください>

新着更新情報

射精感が出てきたらしく私を後ろ向きにさせて挿入してきました

194:名無しさん@エッチしたい 2017/04/26(水) 12:00:00
結婚して8年になる34歳の主婦です。

主人は子供を可愛がり子育てには協力的なんですが子供を産んでから私に女としての魅力が無くなったらしく、もう長いことセックスレス状態が続いてます。

3年前に転職して、今の彼と出会いました。

お互い家庭持ちなんですが、懇親会で酔った勢いで家庭でのセックスの不満などを話してしまい意気投合…そして付き合うようになり3年目を迎えました。

彼が混浴温泉好きでたまに日帰りで行ってました。

Y県の温泉に行ったときに、カップル2組だけという状況になりいつの間にか相互観賞状態になってしまい、初めての生で他人のフェラチオなどを見てしまった私は興奮を感じていました。

前から野外露出したいとか、外で放○して欲しいなどの要望を言われていたのですが、自分の身体に自信もなかったのもあり拒否していました。

そしてGWにS県の温泉に行ったとき山間の道の路肩で(殆んど車が通らないような)初めての全裸ではありませんが野外露出!

ついに私の中の何かが弾けてしまったようでした。

ネットの野外露出サイトに投稿して、閲覧人数が増えていくのに秘かに喜びを感じるようになり、彼が調子にのって高速の側道で露出しようと言われ、ついに全裸での露出…

人が来たらどうしよう…と言う心理的な興奮状態、私のアソコはヌレヌレになってしまいまいました。

帰りながら、彼に、「もう服着てもいいよ」と言われても後部座席に座り放心状態で洋服を持っているのが精一杯。

全裸のまま車は走って行きます。

ファミレスの駐車場の隅に車を止めると、「しよう」と言って彼がキスしてきました。

アドレナリンが出っ放し状態の私を楽しむようにローターを使ってクリを時間をかけて攻めます。

「あぁぁぁっっっ~~~~!!逝っちゃうぅ~~~」

「どこが逝くの?」

「まっマ○コがぁぁぁぁ~~~逝くぅ~~~~」

声になりません。

逝ってしまったのにも関わらず彼はやめてくれません。

「きゃぁ~~~もう…もう…止めてぇ~~~~」

腰をくねらせてポイントから外そうとしても一枚も二枚も上手な彼には通用しません。

「また、逝っちゃうぅぅ~~~~」

「逝って、逝って、何回も逝っていいよぉ~」

「あぁぁぁっっ~~~~逝くぅ~~~~~」

数えきれない程逝ってしまいました。

ぐったりしていると、「おしゃぶりして」と彼も脱いで、お返しにフェラを。

私を責めることに集中していたので、元気ではありません。

フェラしてるとムクムクと元気になって、射精感が出てきたらしく私を後ろ向きにさせて挿入してきました。

「あっ~~~当たる~~いいっ…」

今まで感じたことのない快感が…(挿入で逝ったことがないのです)

「あっあっあぁぁぁ~~~~」

「逝きそうぅ~~~」

一瞬彼の動きが止まって、「逝けそうなの?」

「うん、なんか違うのぉ~~~もっともっと突いてぇ~~」

彼も、ヒートアップしてガンガン突いてきます。

「あぁぁぁ~~~~逝く~~~」

「一緒に…逝って…」

「逝くよ!どこに出す?」

「なっ中に中に出してぇぇ~~~」

もう声になりません。

「あぁぁぁぁぁ~~~~っ」

「うっっ」

ドクドクと注がれます!

この上のない幸せ感でした。

今まで一度も挿入で逝ったことがなかったので一緒に逝くことは夢でしたぁ~~~!

一緒に逝けて最高のセックスを野外露出という刺激で味わってしまった私、どんどん淫乱に…

彼の虜になってしまいそぉ~~~離れられません。