必ずお読みください

当ブログには18歳未満の方の閲覧に適さない表現が含まれています。
<18歳未満の方は速やかにご退場ください>

新着更新情報

腫れ上がった乳首を優しく舐めてやると体がピクンと反応する

1699:名無しさん@エッチな体験談 2018/10/23(火) 12:00:00
交際中の39歳の人妻にM願望がある事が判った。

早速SM設備の充実したホテルへ連れて行った。

目隠しして服を脱がせ拘束板に手脚を繋いだ。

「危ないから動くなよ。今からパイパンにするから」

「えっ…ダメ、恥ずかしい…」

「俺の言う事聞けないの?じゃ帰る」

「待って!…剃って…下さい…」

「よしよし、良い子だ。じっとしてろよ」

ドラッグストアで店員に変な目で見られながら買った女性用カミソリとフォームでジョリジョリ。

剃り残しが無いか指でなぞるとグショグショに濡れている。

「いやらしい子だ、こんなに濡らして。欲しいのか?」

「はい…」

「何が?」

「…」

「言えない子には、おしおきだ」

縄でキツく縛り、ツルツルの割れ目にも食い込ませ、大きな結び目を剥いたクリト○スに押し付ける。

乳首に重り付きのボディクリップを挟むと痛さに悲鳴を上げる。

ソファで寛ぎながら眺めると実に美しい画だ。

黒い拘束板に伸びる長い腕と脚。

白い肌に食い込む赤い縄。

携帯で撮って、待受に設定した。

「いつまでこうしていれば良いんですか?」

「そうだな、最低でも1時間だね」

「うぅ…」

時々モゾモゾと腰を動かしている。

結び目がクリを刺激するのをこっそり楽しんでいるようだ。

後少しで1時間が経過する頃「あの…トイレに行きたいです…」と言い出した。

「まだ1時間経ってないだろ」

「さっきからずっと我慢してて、もう限界です」

「ったく仕方ない子だ」

クリの結び目を解き、空のコップを押し当て、「この中に出しな」

「そんな…恥ずかしい…」

「俺の言う事聞け!」

それでも我慢している。

モジモジすると重りが揺れて乳首を痛めつける。

赤く腫れ上がったクリをキュッと摘んだ瞬間に限界が来た。

コップから溢れ出す量だった。

「よしよし、お前にしては頑張ったな。御褒美をあげよう。」

目隠しと枷を外してベッドに寝かせた。

腫れ上がった乳首を優しく舐めてやると体がピクンと反応する。

「で、何が欲しかったんだっけ?」

「息子さん…」

「俺には息子はいないぞ」

「ぺ○ス…」

「日本語で!」

「おち○…ちん」

「で、何処に欲しいの?」

「ヴァ○ナ…」

「日本語使え!」

「おま○…こ」

涙目になっている。

「よしよし。良い子だ。」

先ずは手マンで一度イカせる。

その後はバック、騎乗位、正常位、立バック。

締めは松葉崩しで俺も昇天。

ドMで純情な人妻、これからもたっぷり可愛がってやろう。