必ずお読みください

当ブログには18歳未満の方の閲覧に適さない表現が含まれています。
<18歳未満の方は速やかにご退場ください>

新着更新情報

ストッキングを脱ぎパンティーを見ると白のTバック

1678:名無しさん@エッチな体験談 2018/10/16(火) 12:00:00
ひょんな事からママさんバレーチームで男女4人チームでバレーをやる事になった。

メンバーのママさんは1人は40歳くらいのちょいポチャ気味の昌子さんで、あと1人は細く背も170cmくらいの47歳くらいの真理子さんでした。

俺は31歳。

ある時練習の準備があって30分前に行くと真理子さんもコートを準備していた。

仕事帰りらしく事務服だった。準備も終わり着替えに行くかと思えば、「さとし君だけだからここで着替えよっと」

俺に背を向け着替えはじめた。

ベストを脱ぎブラウスを脱ぐと白のブラ紐が…

こっちは刺激が強すぎてビンビンになっていた。

Tシャツを着てスカートを脱ぐとストッキングとパンティーが見えた。

ストッキングを脱ぎパンティーを見ると白のTバック…

スポーツやってるだけの事はあってハリのあるお尻をしていた。

「どぉ?おばちゃんまだいけるかな?」と振り返り目の前にやって来た。

「ま、まだまだいけますよ」と答えるとジャージのテントを見て、「そうみたいね」っと微笑んだ。

そしてテントを軽くタッチして、「今度試してみる?」と聞いたので、「はい」と答えると笑みをうかべ背を向けジャージに着替えた。

その日はそのまま練習が終わり何もなく数週間が過ぎました。

それから大会があって打ち上げがあり4人で飲んでいると最後に真理子さんと俺が残った。

2人とも帰る事になりフラフラの真理子さんを肩に抱え家に着くと、「カバンに鍵あるから開けて」と言われるまま開けて玄関に入ると酔っ払ってるはずの真理子さんが内からカギをしめ俺の首に手をまわしキスをしてきた。

むさぶるように激しいキスでした。

その場に跪きベルトをはずしペ○スを出して、「欲しかったの、これが欲しかったのよ」と口に含んだ。

バキュームフェラは最高で、「いくよ、いくよ」と言うと立ち上がり、スカートをたくしあげパンストとパンティーを膝までおろし片足だけ脱いで靴棚に手をつきお尻を俺に向け、「きて」と言うとのでペ○スをあてがうと、「あっ!あ~」とそこは潤滑油でベトベトだった。

俺は一気に奥まで入れると、「うっ、あ~っ」と声にならない声をあげた。

腰を振ると合わせて振ってきた。

気持ちがよくて1分振った頃にのぼりつめスピードをあげ中に出した。

2人で肩で息しながらいると真理子さんが崩れかけペ○スが離れた。

ペ○スは再び堅くなっており俺の液と真理子さんの潤滑油でベトベトで糸を引いていた。

真理子さんはよつんばいになる格好で人妻おま○こと肛門をさらけ出していた。

俺は固いペ○スで入り口付近や肛門も刺激した。

イタズラから肛門に先をあてがい腰を前に出すと先が入った。

「いっ!いたい」

顔がゆがんでいるのがわかった。

俺は構わず腰を前に進めた。

首を横に振りながら唇をかみしめてる。

実際俺もア○ルは始めてでどうしていいかわからず締め付けを味わっていた。

ゆっくりピストンを始めるとア○ルになじんだのか、「あっ、あっん」と声をあげ始めた。

入り口は締まりがいいものの奥はやっぱりマ○コの方がよくてペ○スを抜きマ○コに入れた。

ア○ルがまだ口を少し開いていたので指を舐め1本入れた。

入れてピストンに合わせ指を出し入れすると、「あああっ、あ~ん」と感じ始めたのでピストンを早めると、「もももう少し~ぐっ~」と力んでいたのでいかせてやろうと力強くピストンしてやると、「は~はっ、はぁ~」といったようなのでペ○スを抜いてやった。

真理子さんは膝をはらいながら立ち上がり勃起したままのペ○スを掴み、「休んでいって」と引っ張り居間に通された。

真理子さんは脱ぎかけのパンストを脱いでスカートも脱ぎ、「シャワー浴びよう」とすべて脱いで俺の服も脱がされた。

「さとし君、おっきいし元気だね」とまたペ○スをつかんだ。

真理子さんの胸はやや張りがなく乳首が黒く大きくたった感じだった。

若い子もいいけど新鮮な感じがして興奮した。