必ずお読みください

当ブログには18歳未満の方の閲覧に適さない表現が含まれています。
<18歳未満の方は速やかにご退場ください>

新着更新情報

旦那と別居中ということも有り、自宅に泊まり込んでオ○コ三昧

1478:名無しさん@エッチな体験談 2018/08/10(金) 20:00:00
私は還暦を既に超えて、前期高齢者の仲間入り寸前の男です。

過去30年近い浮気三昧で、600人を超える女性とセックスをし、450人程の人妻と楽しんで来た。

色々な絶頂の表現を見てきた。

絶頂を迎えた時、痙攣、弓なり仰け反り、噛みつき、失神、潮吹き、失○、はたまた屁をこく女までいた。

どれも本人が意図せずにしてしまう行為である。

中でも後々出来無くなったのは、絶頂を迎えた時、失○でなく放○をする人妻だった。

確か40代半ばで大阪の枚方に住む奥さんだったが、絶頂を迎えると、勢いよく放○を始める。

こちらの下腹部に水流があたり、痛みを感じるほどだ。

これだけは閉口した。

顔は美形、スタイルも良いので3度逢ったが、それが限界だった。

タイトルの話に入ろう。

潮吹きは多くの女性がする。

AVで見るように、手マンでGスポットを刺激して、愛液を飛び散らせているのは、多くは失○であり、あれを潮を吹いたというのは可笑しい。

アレは愛液掻き出し。

本当の潮吹きは、溢れてオ○コの中に溜まった愛液が、快感でオ○コが締まる時に噴き出す、正しくクジラの潮吹きのような出方を言うはず。

それは挿入中に起こることが多い。

また、愛撫の最中に起こることもある。

数多くの女の潮吹きを経験したが、私が経験したがたった2人という究極の潮吹きがある。

5年前に知り合い、相性がよく3年ほど逢瀬を重ね、何度も泊まりを繰り返して、飽くなきまでもセックスを楽しんだ当時38歳の人妻。

大阪南部に住んでいるが、旦那と別居中ということも有り、自宅に泊まり込んでオ○コ三昧。

この女は、最初はイクも知らなかったが、段々と悦びを知り始め、連続イキも覚えた、付き合って2年ほどした頃から、クリニングスなどの愛撫をしていると、オ○コが息づかいをするように蠢き始め、その度に、ブシュ、グシュ、ブリュルと、なんとも卑猥な音を立てながら、愛液が噴き出てくる。

これは挿入して絶頂を迎えても同じ。

オ○コは最高の締まりと絡みつきをして、この上ない喜びを与えてくれる。

最高の人妻だった。

離婚して、私と連れ添いたいと言い出したので、別れたが,今でも惜しいと思う女性だ。

それ以降も、それ以前もこういう女性とは会えなかったが、この8月に、ある趣味サイトで繋がった44歳の人妻と出会いセックスすることとなって、いつものように、絶品と言われる舌・指技でクリとオ○コの中を刺激してやると、あの懐かしいブシュ、グシュ、ブリュルという音を立てながら、オ○コが息づかいを始めた。

感動だった。

あらん限りの技を繰り出し、激しく責め立て、彼女を何度も絶頂へと導き「早く。その大きなチ○ポ入れて~」と言わせて、生挿入。

予想通りの絡みつきと締め付けだった。

やったーと思った。

初めての女で、なおかつ名器だったので、長持ちが出来ず、射精感囲み上がったので、抜こうとすると、「ダメ~。このまま。このまま。中で出しテーーー」と嬉しいお言葉。

思い切り放出した。

その後も、柔らかくなったチ○ポをしゃぶって大きくさせてくれて、2回戦へ。

腰使いも凄く、なかなか崩れのない綺麗な身体をしているし、最高の人妻で今彼女に夢中になっている。

来週は朝から逢う予定だ。

こういう潮吹き女性と逢った方は居られるのかな?