必ずお読みください

当ブログには18歳未満の方の閲覧に適さない表現が含まれています。
<18歳未満の方は速やかにご退場ください>

新着更新情報

奥さんはものすごくいやらしい目をしていた

143:名無しさん@エッチしたい 2017/03/31(金) 20:00:00
私は少年野球のコーチをしています。

今の時代、少年野球には父母会というものが存在しており、いろいろとうるさい存在でもあります。

私はヘッドコーチなので、ある程度の決定権はあったものの、監督は選手の起用方法に父母会よりごちゃごちゃ言われていたので、私が窓口となりいろいろなクレームなんかの処理にあたっていました。

そしてその中の一人の母親の久子から良く相談を受けていました。


  
[PR] 一見清楚な30代人妻が…


その久子から先週連絡があり、飲みに誘われました。

断るわけにもいかず、指定の居酒屋へ。

居酒屋には30代の母親3人が集まっていて、話は野球のことではなくエッチのことでした。

ぜひ男性の意見も聞きたいとのことでした。

主婦の話を聞いてると、男同士でもそこまでは話さないようなことを酔っているためか、どんどん話をしてくる。

アレが小さいだの、早いだの、テクがいまいちだの、話を聞いているこっちが恥ずかしくなる。そして2次会へ。

今日は1人の奥さんの旦那さんが子供と一緒に旅行に行っているとのことで、その家にお邪魔することになった。

新築したばかりの家で匂いもいい。

また、みんなで飲みはじめ、1時間くらいたつとみんな何を言っているのかわからないくらいに酔っている。

当然のごとくエッチな話題が中心である。

そして誰かが、ゲームしようと提案すると、ちょうど男性もいるので野球拳にしようと。

私も酔っていたので、することにした。

じゃんけんである奥さんと私が負けたので、二人でスタートすることになった。

よく考えてみると、もう奥さん達は部屋にいるので、当然薄着。

勝てばいいのだが、3回連続で負けた。

パンツとシャツ姿になると、奥さん達の視線がこっちに向けられているのがわかる。

相手の奥さんも上半身はブラ一枚である。

そして私が勝ち、相手の奥さんはパンティーとブラだけ。

ますます気合が入り、次も勝ってしまった。

奥さんはブラを恥ずかしそうに取る。

手で隠してはいたが、ほぼ丸見えである。

だんだんと私の下半身も大きくなってきた。

そしてまた新たな提案。

全裸になったほうが、勝ったほうのいいなりになること。

はっきり言って驚いた。

過激すぎる。

で次は私が負け、パンツ1枚に。

いよいよ次である。

私は勝った時は、言うことを決めていた。

そして、じゃんけん・・・。

負けてしまった。

私はパンツを脱いだ。

するとアレは最高に大きくなってる。

隠しようがない。

開き直り、「どうにでもしてください」と大の字に寝転んだ。

すると久子が一番に私のアレを触ってきた。

「ひさしぶりだわ、大きい~」

そして3人とも近寄ってきて、触ったり眺めたり、もうやりたい放題でした。

そして久子が、「誰かじゃんけんで負けたら、フェラしてみない?」

おいおいおい、過激すぎです。

じゃんけんを待っていると久子が負けた。

わざと負けたのか、目がいきり立っている。

そして、私のアレを握ると口いっぱいに含んだ。

「おっ、ちょ、ちょっと」

「じっとしてて、何年ぶりかしら」

チュパチュパとしごき始める。

「あん、大きいわ、なんかほしくなっちゃった」

すると他の奥さんが、「しちゃえば、エッチみたいよ」

「ちょ、ちょっと本気ですか?」

「本気よ、コーチはじっとしてたらいいの」

久子は横で黙っていたが、奥さんの達の勧めで、私の上にのっかってきた。

「あ~っ、あっ、あっ、あっ、いい~」

「久しぶりだわ~、この感触」

「あん、あん、あん、だめ~」

「もういきそう、いきそう、あーっ、いや~っ」

「あ~っ、腰が浮きそう~、あっ、あっ、いく~っ」

久子は5分ほどでイってしまった。

他の奥さんはものすごくいやらしい目をしていた。

「久子さん、すごいわ、ひさしぶりだったの」

「そうなの、すごいよかったわよ」

この時初めて恐怖を感じた。

また久子が小さくなったアレをくわえてきた。

「あっ、ちょっと待って」

「大丈夫、あ、また大きくなってきたよ」

「みなさん本気ですか?」

みんな顔を合わせて、「当たり前じゃない、私たちもしたくなってきちゃった」

恐怖である。

今日は体が持つか心配になってきた。

そして今度は別の奥さんが・・・。

パンティーだけ脱いで、スカートのまま私に乗ってきた。

「あ~、ほんとすごいわ、主人のより大きい~」

「あーっ、いいわ、もっと腰を動かして~」

「あ~ん、あ~ん、そうよ、そうよ、いいわ~」

そして久子も私の顔におま○こを押し付け、「さあ、舐めて、気持ちよくして~」

そして残ったもう1人の奥さんは横でオナニーを始めた。

「あ~、あ~、もっと、もっとよ~」

「もっと見せて~、あっ、あっ、そうもっとよ~」

私は2人を相手しながら、オナニーをしている奥さんを見ていた。

そして、上に乗って腰を振っている奥さんが、「あーっ、気持ちいいーっ、あーっ、いく~っ」とイってしまった。

私は酒が入っているせいか、なかなかいかない。

私の顔にのっている久子も、「あ~ん、だめ~、そう、そこよ、もっと吸って」

私が久子のクリトリスを吸うと、また久子はいってしまった。

残るはオナニーをしている奥さんただ1人です。

私はすかさず襲い掛かり、乳首を激しく吸うと、「あ~ん、そ、そこ、弱いの~、もっと吸って~」

「あっ、あっ、あっ、噛んで、噛んで~」

私は吸いながら少し歯に当てるような感じで乳首を吸うと、「あ~、いいわ、もっと、もっと噛んで~」

そしてアソコが濡れているのを確認して、一気にアレをおま○こに挿入すると、「あーっ、あーっ、いい~、突いて~、もっと突いて~っ」

「あーっ、あ、あ、あ、あ、ああああああ~ん」

「もうだめ、もうだめ、いくっ、いくっ、いくーっ、あーっ」

すごい勢いでイってしまった。

そして同時に私もイってしまった。

急いで抜いてお腹の上に出しました。

みんな終わってから全裸で横になっていました。

そして久子が近寄ってきて耳元で、「すごかったよ、今度もう1回して?」

「わかった」

私は4Pをやってしまった。

野球拳は負けたけど、4Pは全勝でした。

みんなでもう一度ワインで乾杯して、その日は、解散しました。

それからというもの、その3人の奥さんだけは私の味方をしてくれるようになりました。

そうです。

私が勝ったのです。

そして久子だけは、あれからずっと不倫しています。

もう旦那とはしなくてもいいと言っています。

私も妻とするよりはぜんぜん気持ちいいので、最近は妻ともしていません。


指豆ローター
[PR] オモチャが苦手な女性にもオススメ