必ずお読みください

当ブログには18歳未満の方の閲覧に適さない表現が含まれています。
<18歳未満の方は速やかにご退場ください>

新着更新情報

すっかり気持ち良くなってしまって、何度も昇天してしまったようです

1315:名無しさん@エッチな体験談 2018/06/17(日) 12:00:00
人妻○○○○セフレは入れ食い状態で、その中で近所の人妻とアポが取れたので、会った時の事。

メッセージ交換で、いろいろ話して会おうということになり、日時を合わせて、いよいよ当日、あるスーパーの駐車場で待ち合わせて、先ずは食事をしながら話しをして、緊張がほぐれたところで、近くのラブホへ。

40代で、それ相応の身体の崩れがあるものの、こちらとしては、それがそそるというもの。

胸もそこそこ大きく、お互いセルフで脱衣して、すぐにむしゃぶりつくと、最初はビックリしたようだが、徐々に感じてきている様子。

とはいえ、やはりシャワー浴びようねということになり、別々にシャワーを浴びてから、ベッドに戻り再開。

キスすると、彼女がフェラをし始めました。

旦那とは、義務的にしかしないとのことですが、元々はHは好きとのことで、人妻らしい濃厚なフェラで、すぐに逝ってしまいそうでしたが、グッとこらえて、今度は私が彼女を持ってきたバイブで責めると、オモチャは使ったことが無いらしく、すっかり気持ち良くなってしまって、何度も昇天してしまったようです。

いよいよ、合体。ゴムは?というと、外に出してくれたらいいよというので、生で挿入。

薄めの陰毛の為、ハメているところが良く見えます。

角度を変えたりしながら、彼女は何度も逝き、私もそろそろというところで、アソコから引き抜き、顔に精液を掛けると、うっとりとしながら、余韻を楽しんでいるようでした。

しばらく間が空いて、再開。

既に、お互いを知った仲でもあるので、会って早々、ラブホへ。

空いていた部屋がSM系の設備のある部屋で、彼女を脱がして早々に、ルームサービスをオーダー。

来るまでの間に、キスや手での愛撫で気持ち良くなった頃に、チャイムが。

彼女に全裸のままで対応させると、顔を真っ赤にさせて戻ってきました。

あそこを触ると、湿っていたのが更に濡れていました。

食事を済ませると、彼女を開脚チェアに拘束。

バイブでたっぷり逝かせてから、そのまま私の物を挿入。

拘束されながら出し入れされて、羞恥心も加わり、すっかり感じている様子。

私もそろそろ逝きそうになり、「中に出すぞ」というと、イヤイヤ言ってましたが、「安全日か?」と加えて問うと、うなずいたので、そのまま奥に放出しました。

拘束を解き、ベッドで抱きしめた後に、アソコを処理し、しばらくマッタリとして復帰してからは、普通にSEX。

最後は再び中に放出。

旦那にも最近出されていなかった為か、怖かったけど気持ち良かったとのことで、人妻○○○○セフレで出会った人妻に満足して帰ってもらいました。