必ずお読みください

当ブログには18歳未満の方の閲覧に適さない表現が含まれています。
<18歳未満の方は速やかにご退場ください>

新着更新情報

私は後ろから女性の腰を持ち、興奮冷めやらぬ息子をお尻に当ててみました

1289:名無しさん@エッチな体験談 2018/06/08(金) 20:00:00
自称32歳の人妻と知り合いました。

何回かメールするうちに会う事になり、郊外のスーパーの駐車場で待ち合わせ。

そこに来たのはスラッとした年上の女性。

32歳ではないのは一目瞭然でしたが、背が高く綺麗な美熟女でした。

仕事帰りなのかスーツを着ており、ちょっとタイトなスカートがなんともエロい。

胸もCカップくらいのちょうどいい感じ。

開口一番

「ごめんねー。歳誤魔化してたの。イヤなら帰っていいよ~」

「全然大丈夫ですよ。お綺麗ですね、ところで何歳誤魔化してたの?」

冗談交じりに聞いてみました。

私の予想は35~38歳かなって感じです。

「40なの、イヤ?」

「えっ40になんて全然見えないよ」

「ありがとう!お世辞でも嬉しい」

そんな会話をしながら女性の車の後部座席に移動。

腰を下ろした瞬間に覆い被さってきてキスの嵐。

「最近してなくて、したくて堪らないの」

これだから熟女が好きなんです、私。

そのままキスをしながら私の太ももを跨ぎ、オマ○コを擦り付けてきます。

「はぁぁぁ~気持ちいいっ…おかしくなりそう…っ」

「凄く濡れてるよ、オレのズボンまでww」

「ごめんなさい!ホテルに行こうよ~」

このままだとシミになるくらいズボンを濡らされてしまうので、近くのラブホへ。

ホテルに到着し、部屋を取ってエレベーターに乗ると、女性はずっとモジモジしています。

「どうしたの?」

「ううん、何でもない」

どうやら本当にしたくて堪らないようです。

私は後ろから女性の腰を持ち、興奮冷めやらぬ息子をお尻に当ててみました。

「あぁん凄いっ!固くて太いぃ」と腰を振ってオマ○コを擦り付けてきます。

何ともエロい仕草が堪りません。

でも、堪らなかったのは私ではなく彼女の方だったようで部屋に入った途端、部屋の入口で抱きついてきてキス攻撃。

キス好きの私はメロメロ。

10分ほどお互いの舌を貪り合い、彼女は私のズボンのベルトを外しファスナーを下ろしてしゃぶりついてきました。

玉を揉みながら根元まで咥えこみディープスロート。

快感に飽きが来ないようカリの部分や先端、玉など多彩に舐めてくれます。

そのうち、耐えられなくなり暴発。

彼女の口に濃い物を大量に放出。

一息ついて2人で浴室に行き、彼女は私の体を丁寧に洗ってくれて、攻守交替で彼女の体を洗ってあげていると「もう我慢できない!」と私を浴槽の縁に座らせて跨ってきて、ガツガツと腰を振り「イクぅ! イクぅっ!!」と、かなりイキやすい様でクリト○スをこすりつけながら大声で果ててしまいました。

ベットに移動し、キスをしながら体を密着させてきます。

2人は絡み合い肌が密着するのを存分に楽しみ、さっきのフェラをしてもらおうと思ったら「入れていい?」

我慢しきれないようで上に乗ってきました。

前付のようで足を閉じたまま私の上に乗り、円を描くように腰を動かしたり上下に動いたりと新鮮な動き。

もちろんゴム無しの生挿入。

膣壁に擦り付ける様に快感を貪ります。

一方的に動かれながらも射精までもっていけそうになり、「出そう」と言うとさらに激しく動き「中に出していいよ」とキスをしてきました。

艶めかしい舌の動きで興奮してしまい2度目の射精。

スタイルも激しさも最高でした。

ちゃっかり2回、中出ししましたしね。