必ずお読みください

当ブログには18歳未満の方の閲覧に適さない表現が含まれています。
<18歳未満の方は速やかにご退場ください>

新着更新情報

女とは実に恐ろしいもので、言ってる事とやってる事は正反対だ

1123:名無しさん@エッチな体験談 2018/04/14(土) 12:00:00
46歳の妻の姉はきれいだ。

一度は抱いてみたい願望があった。

ある日、トイレに入っていた小生に気づかず姉さんが入ってきた。

ちょうどパンツを上げようとした矢先のことで、姉にチ○ポを見られてしまった。

「ごめんなさい、、、、」と慌ててその場を立ち去った姉ですが、小生はスイッチが入ってしまった。

「姉さん、見たね、、、どう?僕の?旦那よりもでかい?」と聞くと、「やだ、そんなこと聞かないでよ。私見てないよ。」と言ったので、「それなら見せてあげるよ」とチ○ポを出した。

「やだ!しまって!」と声を荒げた。

けど小生もここで引けない。

「でっかいチ○ポ味わいたくないの?旦那よりも確実にでかいと思うんだけど」

そう言ったら、「大きいだけが全てじゃないの。感じるかどうかなの。」と切り替えされた。

小生も切り返す。

「じゃあ、試してみれば!こんなチャンスないよ!味わえよ!」と半ば強引にチ○ポをこすり付け、姉を煽ってみた。

すると、「、、、、、、確かにおっきいよね、、」とつぶやいた。

チャンスは今しかないと思い、小生は姉の乳をモミしだきチ○ポをお尻にこすりつけた。

「、、、、、、、、、」

姉は無言であったが、「あ、、、、久しぶり、、、、大きなチ○ポ」と言い出した。

そう、姉はご無沙汰の様子だ。

小生はすかさずスカートをまくりあげ、パンティを下ろし手で秘所をこねくり回した。

「ああ、、、好きにして、、、、、」と言われたのでいきなりではあったが勃起したチ○ポを挿入した。

「ああ、、、大きい、、、太いィィ、、、」とうわごとのようにわめく姉。

小生はそろそろ発射体制に入る。

「中はだめ、、、だめ、、、」と言い残しながらもぐいぐいとお尻を突き出してくる姉は変態そのものだ。

「う、、、、出る、、、」

小生は踏ん張りきれず発射した。

当然中に。

「あん、、ダメでしょお、、、、」と言いながらチ○ポを引き抜ききれいにしゃぶってくれる姉。

「子供できるかな?」と聞くと、「大丈夫。安全日だから」と言って再び2回戦に突入してしまった。

女とは実に恐ろしいもので、言ってる事とやってる事は正反対だ。

しかし、気持ちいい経験をした。

たまに姉夫婦が泊まりに来るが内緒で小生とやっている。

姉はチ○ポ好きの超変態だと思う。