必ずお読みください

当ブログには18歳未満の方の閲覧に適さない表現が含まれています。
<18歳未満の方は速やかにご退場ください>

新着更新情報

一瞬頭が真っ白になり、私は無我夢中でしゃぶっていました

1024:名無しさん@エッチな体験談 2018/03/12(月) 12:00:00
はじめまして、27才の人妻です。

今、不倫してます。

相手は、パチンコ屋で知り合った、23才フリーターの優くんです。

きっかけは、電気屋でバイトしてる、優くんに商品をマンションまで届けてもらい、設置した後、お茶しながらオシャベリしていたのですが、優くんがいきなり「のぞみさんオッパイ大きいですね。」

その後、しつこく「触らせて!」とせがんできたので、30秒だけという約束で触らせてあげることにしました。

私は目をつむってジッとしていたのですが、やっぱり気持ちイイもんですね(笑)

・・・・・・感じちゃいました。

それを察したようで、優くんは服の中に手を入れてオッパイと乳首をもてあそび始めました。

もう私は声を出して感じてしまい、なすがままに服を脱がされ、舐め回されました。

優くんは限界だったようで、私の顔の前に大きくなったチ○ポを出しました。

一瞬頭が真っ白になり、私は無我夢中でしゃぶっていました。

私は我慢できなくなり、ソファーの上で、優くんにお尻を突きだし、求めました。

優くんは、バックからすごい早い動きで突き続けました。

最後はお尻に発射しました。

優くんは、私の体に前から興味があったみたいで、今はヤリ友の関係です。

マンション以外でも、パチンコ屋で、旦那が熱くなっている間に、優くんの車でフェラしたりもしてます。

誰も知らない2人だけの秘密です。