必ずお読みください

当ブログには18歳未満の方の閲覧に適さない表現が含まれています。
<18歳未満の方は速やかにご退場ください>

新着更新情報

「あん、飲ませて。一ヶ月ぶりの精液飲ませて」と潤んだ瞳で見詰めてきました

10:名無しさん@エッチしたい 2017/01/24(火) 20:00:00
人妻は雅子という28歳の方でした。

いつものように2週間ほどメールのやり取りをして、お互いスケジュールの合う日に待ち合わせをしました。

特別、エッチをするという話はしていなかったのですが、軽く昼食を取ってからホテルへ行くような流れになりました。

DMM.R18 熟女動画DMM.R18 VR動画

彼女は、化粧っ気のない少し地味な感じで、メガネをかけているせいかリクルートスーツが似合いそうな真面目な印象の女性でした。

旦那さんとは2年ほど前からセックスレスらしく、欲求不満を解消するためだけに月に一度ほど出会い系サイトを使って適当に男を探して済ませているようでした。

部屋に入るとエッチモード全開で、舌を絡めるような濃厚なディープキスをしてきました。

ポッテリとした唇を押し付けてきて、ヌルっと舌を入れて絡めてきました。

彼女は、お互い舌を出して舐め合ったり、唾液を交換したり、吸い合ったり、貪り合うような激しいキスを求めてきました。

僕もそれに応えるように舌の動きを合わせました。

派手な女性となら何度かこんな外国映画やAVのようなキスはしたことがありますが、真面目そうな女性としてると思うと、ましてや痴女のように積極的に求めてくるかと思うと変な興奮がしてきてチ○チ○がすぐにギンギンになってきてしまいました。

ベッドに押し倒されるとズボンの上から股間を撫でて、ギュっと握ってからチャックを下ろすとすぐにしゃぶり付いてきました。

大量の唾液を塗りつけるように手でシゴきながら亀頭やカリを舌先でレロレロしてきて、チュッポンチュッポン、ジュルリジュルリといやらしい音を立ててしゃぶりました。

僕は、もうすでに限界に来てしまい「そんなにされたら出ちゃうよ」と言うと、「あん、飲ませて。一ヶ月ぶりの精液飲ませて」と潤んだ瞳で見詰めてきました。

彼女は早くイカせようと、亀頭を咥えて舌を絡め、唾液塗れの右手でサオをシゴいて、左手は玉を揉んだり、ア○ルの辺りを撫でたりしてくるので、僕は彼女の口の中に発射してしまった。

彼女は、うっとりとした表情を僕に見せてからゴクリと音を立ててザーメンを飲み込んでから、唇や手を舐めました。

その表情がすごくエロくて、しぼみかけた僕のチ○チ○は再び固くなってボッキしたままでした。

彼女の服を脱がせて彼女の乳首を重点的に舐めながらアソコを避けるように全身に指を這わせて愛撫しました。

わき腹や内モモを舐めている時にガマンできなくなったのか、自分でワレメを開いて「ここも舐めて、お願い」と僕の頭を押さえてきました。

赤く充血したワレメから白みかかった愛液が止め処も無く溢れ出ていました。

それを指ですくってからクリト○スに塗って指で擦ると堪らなさそうな表情でずっと僕の目を見ていました。

しつこく擦っているうちに彼女は、「ダメ、イッちゃう。イッちゃうよ」と僕に抱き付いてきて、そのまま絶頂しました。

「はぁはぁ」と呼吸を荒げている彼女の中にチ○チ○を挿入しました。

生で入れていたのは分かっていたようで、僕の腰の動きが早くなると「外に出して、外に出してね」と何度もキスをしながら言いました。

一度イッていた僕は余裕があったので、激しく突き続けました。

「あん、おかしくなっちゃう、おかしくなっちゃうよ」と叫びながら、ハメながら何度か絶頂したようでした。

イク度に、チ○チ○をギュッギュッと締め付けてくるので、さすがに限界に来たので「どこに出して欲しいの?」と聞くと「中だけはダメぇ~」としか言わないので、化粧直しに時間がかからないだろうと思って顔にかけさせてもらった。

僕たちはお互いにセックスに満足しました。

その後僕が顔を拭いて上げようとメガネを外そうとした時に気付いたのですが、何と知り合いの奥さんだったのです。

知り合いと言っても友人の結婚披露宴の時に一度会ったことがある程度だったので、全然気付きませんでした。

彼女は、僕と話しているうちに気付いたようでしたが、黙ってればバレないだろうと思っていたそうです。

でも、逆に知り合いとセックスしてると思うと異常に興奮して、何度もイッてしまったそうです。

僕もそれを聞いてからチ○チ○が再びボッキしてきましたが、「今日のことはお互い内緒ね」と言って、早々にホテルから出て行ってしまいました。

少し悶々してしまい、彼女のことを想像しながら久しぶりにオナニーしてしまいました。

長年、出会い系をやってて、何十人もの女性に会ってきましたが、知り合いに会うなんて初めての体験でした。

もうビックリです。