必ずお読みください

当ブログには18歳未満の方の閲覧に適さない表現が含まれています。
<18歳未満の方は速やかにご退場ください>

新着更新情報

クリ吸いで脚をピンと伸ばしてピクピクと逝ってしまった

1967:名無しさん@エッチな体験談 2019/01/20(日) 20:00:00
32才人妻と土曜日に会った。

写メは交換済みなのでルックス・体型は問題無さそうなのだが昨日のメールで「私のアソコ、ビラビラが大きいんだけど大丈夫?」と聞いてきた。

<このエロ体験談を読む>

服を脱ぐと肉付きがとてもエッチで大きめの乳首と乳輪が最高でした

1963:名無しさん@エッチな体験談 2019/01/19(土) 12:00:00
自分は出会い系で童貞を捨てました。

21歳の時のことです。

ゼミが忙しくなって大学で彼女を作るのは難しそうなので、こうなったら恋愛は諦めてSEXさえ出来ればいいって割り切って登録してみました。

ネットの体験談にあるような美味しい出会いを期待したのですが、はっきり言って最初はぜんぜん上手く行きませんでした。

変に高望みして29歳までに限定したのが失敗だったのかもしれませんが、とにかく女性と会う切っ掛けすら掴めませんでした。

リアルどころかヤリ目だらけの出会い系ですらモテないのかよ…とショックを受けながら、渋々ターゲットを30代まで拡大しました。

すると、ようやく、運命の出会いが!

<このエロ体験談を読む>

「どこを舐めて欲しいの?」とじらすと恥ずかしそうに「ンフフ~おマ○コ…」

1961:名無しさん@エッチな体験談 2019/01/18(金) 20:00:00
僕がまだ学生の頃のとある週末、好きな女の子が、他の友達と付き合ってしまい1人でやけ酒を飲んでいたら終電を逃してしまった。

デリヘルでも呼ぼうかと思い、ラブホや風俗店が並ぶ繁華街に向かって歩いていた。

すると後ろから女性の声がした。

「あのっ…すいません」

振り返ると僕好みのショートカットの似合う可愛らしい小柄な女性が困った顔をして僕の顔を見上げていた。

<このエロ体験談を読む>

美人妻たちに囲まれている環境が理性を崩壊させていく

1948:名無しさん@エッチな体験談 2019/01/14(月) 12:00:00
先日行われた新年会で20代男性社員のボディービル選手権が開催された

恒例行事で宴会の結びにやっている

恥を捨てて仕事に打ち込むためだとか体裁を繕ってはいますが、ただの弄りです

確かに、この日のために筋トレはするし食生活も気にするので、ポジティブに考えればいいのかも

<このエロ体験談を読む>

興奮していた私は付ける物も付けず、生で挿入し、思いっきり愛しあった

1934:名無しさん@エッチな体験談 2019/01/09(水) 20:00:00
私には妻、子供もおり、家も購入、人生の大半は終わったようなものである。

家は購入したものの、妻の父が金持ちであり、その父に支援を得たこともあり、ローンは大したことなく、懐には多少の余裕がある。

自分の隠し口座もかなりあるため、飲み歩くのには苦労はしなかった。

趣味も体を動かすことが好きであり、自分で言うのも何だが、妻子供思いの良き夫であり、父である。

そんな普通の私がこういう経験をするとは思わなかった。

そんな私はこれまで何人かの女性と性交渉を持った経験はあったが、素人のみであり、玄人(風俗)は未体験であった。

もちろん妻以外には中出しした事は無かった。

<このエロ体験談を読む>

もうこれ以上はないと言うほどセックスを堪能してもらおうと思った

1931:名無しさん@エッチな体験談 2019/01/08(火) 20:00:00
昨年7月に、山形市郊外に住むE子48歳と出会ったのはメルトモサイトであった。

私のメッセージに返信してきたことからメールの交換が始まった。

良くあるケースであるが、旦那がワンマンで暴力的に抑え込まれてた生活を送り、子供もようやく手から離れて自分を振り返った時、既に閉経が迫る年代となっていた。

もう女でなくなるのかと焦る気持ちと、今までそれほど楽しみもなかった。

子供も手元から離れていこうとする今、これからどう生きていったらよいのか。

そう思う時に、自然と異性を求める行動に程される。

彼女もメルトモサイトへのチャレンジを始めたのである。

その時に、私の「大切にしたい」との言葉に引かれて、返信してきたのである。

<このエロ体験談を読む>